amazon Fire TV Stick 制限機能の使い方

blog
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

amazon Fire TV Stickの制限機能の使い方について

自分で使う場合は制限は不要かと思いますが、子供や両親に使わせる等、自分以外の人が使う場合は操作をわからず番組やアプリを購入してしまい、自分のカードに請求が来た、などということになならないよう、適切に制限項目を設定しておきましょう。

今回制限機能の使い方を説明するのは以下の商品です。

4Kの方も同じ方法でできるとは思いますが、私は所持していないため試せていません。

設定の仕方

機能制限をオンにする方法

HOMEメニューの右上にある、「設定」を選択します。

設定を選択すると、設定のメニューが表示されますので、カーソルを右にもっていって「環境設定」を選択します。

その中に「機能制限」という項目がありますので、まずこれをオンに切り替えます。

するとPINコード(4桁の数字で構成された暗証番号)の入力を求められますので、入力しましょう。このPINコードを忘れると設定の解除を行えなくなりますので、忘れずにおいてください。

商品購入を制限する

次に機能制限と同じように「設定」→「環境設定」を選択します。

「商品購入をPINで保護をオンにする」という項目がありますので、これを「オン」にします。これで有料のコンテンツを購入しようとしたときに、PINコードの入力を求められるようになり、PINコードを知らない人は有料コンテンツを購入できなくなります。

その他の制限

他に以下のような制限が可能です。

  • 成人向けコンテンツの表示/非表示
  • 視聴制限
  • PrimePhotoアプリの保護
  • アプリの起動を制限

解除方法

メニューから解除

機能制限をオンにしたときと同じ操作で、機能制限をオフにすることで、解除することができます。この時PINコードの入力が必要になります。

PINコードを忘れてしまった

amazonにログインすることができれば、そちらからPINコードを変更することができます。

amazonにログインした後、

〇〇さん
アカウント&リスト

という部分をクリックし、アカウントサービスを選択します。

「デジタルコンテンツとデバイス」にある「Prime Videoの設定」をクリックします。

「機能制限」タブをクリック、変更ボタンを押して、新しいPINコードを入力します。

以上で古いPINコード入力無しに、新しいPINコードが設定可能です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク