ディスク管理ツール MiniTool Partition Wizard レビュー サーフェステスト編

blog
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

「MiniTool Partition Wizard」の機能、「サーフェステスト」の使い方、機能について。

「MiniTool Partition Wizard」についてはこちらの記事を御参照下さい。

機能のレビュー

サーフェステスト

ディスクアクセスに影響のある物理的なエラー(キズとかヨゴレとか)がないかどうかをチェックするテストを実行できます。購入直後に不良が無いか確認したり、長く使っているディスクにエラーが発生していないかを確認するために使います。

機能の起動

メイン画面の下部にあるディスクの一覧から、テストしたいディスクを選択して右クリックメニューを表示し、そこから「サーフェステスト」を選択します。

メイン画面

右上の「テストを開始」ボタンを押下するとテストが始まります。

テスト中

テストを開始すると以下のような画面になり、テストが進んでいることが視覚的にわかるようになっています。正常なブロックは緑で、エラーがあるブロックは赤で表示されます。

テストを開始するとアプリケーションを最小化できなくなりますので、デスクトップを表示したいときはWindowsキー+Dキーを押下してデスクトップを表示しましょう。

なお今回はUSB3.0で接続した外付けハードディスクのテストを行っています。

テスト終了後

エラーブロックがなければ正常終了、エラーブロックがあればその数が表示されます。

今回のチェックではエラーは見つからなかった模様。

まとめ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク